代理店を活用してメーカー一括見積
2017.02.02

subimg01オフィスの必需品として複合機があります。コピー機能やプリンタ機能など様々に備えたOA機器で、本体自体はそれなりの大きさになります。また、購入するとなるとかなりの価格になります。新品だと100万円以上するのが一般的です。大きな会社と言えども、100万円の資産購入は慎重に行うところも多いでしょう。もちろん価格だけで選ぶわけではなく、性能も重要になります。各社で特徴のある製品を揃えているので、その中から最も良い商品を選ぶ必要があります。

方法の一つとして、直接メーカーから情報を取り寄せることがあります。パンフレットなどを取り寄せたり、メーカーのホームページでも情報を得ることが出来ます。担当者に来てもらって、見積もりをしてもらうこともできます。直接行うことで、よりその商品の性能などを知ることが出来ます。ホームページやパンフレットだと、どうしてもメインの機能などが中心になります。細かい疑問点なども解決ができます。ただ、一社一社から情報を得るのは大変です。効率良く多くのメーカーの情報を得るのであれば、代理店を活用することを考えてみましょう。代理店にはいくつかあり、特定のメーカーを中心に扱っているところと、複数のメーカーを扱っているところがあります。複数のメーカーを扱っている所なら、代理店自身で複数の商品の情報を把握しています。どの用途であればこのメーカーがいい、予算がこれくらいならどこがいいなどの提案をしてもらえます。一社に依頼をするだけで情報を得ることが出来ます。

代理店にメーカー一括見積をすることで、それぞれのメーカーの商品の見積もりを得ることが出来ます。その中から予算に合うもの、性能が合うものを選べます。複数メーカーを取り扱っているところは、単独で扱っている所よりも安く見積もりを出してくれるところが多いです。自分で比較するのは大変ですが、できるだけ安く利用したいのであれば、複数業者から見積もりが取れる代理店を利用します。複合機は安くても100万円以上します。それを一括で支払うのはキャッシュフローの面で得策ではありません。契約はリース契約がいいでしょう。リースは、商品の所有権はリース会社がもつものの、実質的に自社の製品として使うことが出来ます。100万円以上する場合でも、毎月の支払いは数万円程度に抑えることが出来ます。代理店からは、メーカーからの価格だけでなく、実際にリースに出したときにいくらになるかも提示してもらいます。コストが抑えられる見積もりを選ぶことが出来ます。

▲ ページトップへ